【失敗を成功に導くM&A経営コンサルティング】

事業再生の手法には何種類もありますが、一番大切なのは、従業員を守る、取引業者さんとの繋がりを守る、社長の家族を守る事が大切です
そこをどうするか決めるのは社長さんの仕事です

 

・債務超過になっていたら、事業を回復することは出来ないのか?

・が下降する一方でライバル店に勝てない?

・売上があっても、債務支払いで資金繰りが悪化するだけ?

・従業員が辞めたことが減少につながっている?

 

解決するための、ノウハウがないので、困ってしまって先が見えない経営者に
「売上げアップ」「顧客獲得」「組織づくり」」「人材育成」に不可欠な「実績的な経営ノウハウ」を提供するM&A事業再生コンサルティングです
・売上げアップ、集客アップに必要ですな3つのポイント
・自分の会社にすぐに役立つノウハウが用意されている

・実際に社長が変わると決めた時から成果が出てくるマーケティングノウハウ
・売上げアップに必要な11のキワードでマーケティングを戦う戦略が生まれるノウハウ

の効果で「売上げアップ」「顧客獲得」「組織づくり」で回復することが可能になる手法を使うのは社長が決めることです。

 

再生手法には、メリットとデメリットがあります
売上が減少している会社を株式譲渡でM&Aを行う。
→お金は手元に残っても、お金を生み出す組織を失う

債務超過で返済が厳しい会社は第二会社方式を利用する
→自己破産等を行うので、資産をなくすが、負債もなくせる
本業の事業再生で、社員の雇用や、利益を得ることが出来る
→債務を支払い続けるが、終了後は利益増加が望める

上記の事業再生をお手伝い出来ますが、当社のコンサルティングで、事業再生を行うことを決めるのは、社長の決める仕事で決まります

【事業再生を行い会社を進める方向を考えるには】

第二会社を作り、本体を破産させる場合は、本業でキャッシュフローが健全で無くては出来ないので、本体を破産させて、プレパッケージ方式のM&Aで事業譲渡を行う

 

債務処理を行うことで、本業で利益を生める見込みがある場合は、当社のノウハウで収益アップを行う

 

売上減少の場合でも、当社の「売上げアップ」「顧客獲得」「組織づくり」ノウハウを使うことで会社を元気にすることが出来ます

【会社を成功させる事が出来る社長】と、【会社を失敗させる社長】の違いは簡単です

経営者の仕事を理解して、行動して続ける事が【成功している社長】と【失敗する社長】の違いを理解して頂く必要がございます

【失敗した社長】がこのノウハウを実行していくことで【成功した社長】へ進むことが出来るお手伝いをすることが出来ます