yamatopcsagae_8sgn6a19

資金繰り

消滅時効の援用で債務を消滅させる方法

消滅時効とは 借金は、弁済期又は最後の返済から一定の期間が経過すると消滅時効が成立します。その期間は、貸主か借主のいずれかが商法上の商人であれば、商事債権(商法522条)として5年となり、いずれも商人でない場合には一般的な債権として10年...
事業再生

廃業 倒産 違い

廃業とは 廃業とは、会社や個人事業主が経営悪化で事業をやめることです。 中小企業や小規模事業者、個人事業主の廃業が増加してきており、経営が悪化してきて資金ショートか経営者の高齢化や後継者不足が原因となっています。 株式会社における廃業...
未分類

継続化給付金の不正受給について

継続化給付金の不正受給について 中国の武漢から広がった武漢肺炎が、いつの間にかコロナウイルスと呼ばれ、googleやyahooではCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)と呼名が変化して、広告掲載についてもCOVID-19(新型コロナ...
事業再生

リスケをしている中小企業の事業再生

リスケをしている中小企業の事業再生 リスケを銀行に依頼するのをやめる時が必要です。 ・銀行に対して借金を先延ばししてもらっている ・返済金を減額して貰ったから ・早く普通に返済できるようにします。、 こんな考えで銀行に対し...
未分類

コロナ禍で廃業を考えている場合の対応の仕方

会社の廃業について 中国の武漢から始まったコロナウイルスで、日本の景気は悪化していく状況になっています。 2020年9月25日は17時時点で、「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1000万円以上)が8件(倒産8件)判明し、2月からの累計...
未分類

持続化給付金の手数料について

持続化給付金について コロナ禍の影響で2020年5月から持続化給付金が始まりましたが、不正受給した大学生や会社員、会社役員など、9月25日までに 『山梨県 大学生1名 会社員1名』『兵庫県 会社員5名』『愛知県 会社役員3名』『埼玉県 ...
未分類

持続化給付金について2

持続化給付金詐欺 新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業や個人事業者向けの持続化給付金の不正受給問題で、沖縄県消費生活センターに持続化給付金の不正受給に関連した相談が急増している。「もらった給付金を返したい」...
未分類

持続化給付金について

【持続化給付金】 コロナウイルスで不景気の中で、稼いでる業種は、持続化給付金で手数料を稼いでいる方々ではないでしょうか? 大学生を詐欺まがいの手口で不正受給の手伝いをして高額の手数料を徴収しております。 ...
事業再生

コロナウイルスでの倒産について1

【コロナウイルスでの倒産について1】 9月2日は17時時点で「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1,000万円以上)が6件(倒産6件)発生、2月からの累計は、全国で452件(倒産401件、弁護士一任・準備中51件)に達した。 月別推...
事業再生

コロナウイルスの影響で資金繰りが悪化して倒産に悩む社長へ

JALを手掛けた倒産弁護士が【コロナ破錠の本番はこれから】と言っていますが、本心はバカ笑いだと思います。破産で一番儲かるのが確実に管財人だからです。 会社の経営が苦しくなった時に会社更生法とか使うのは大手企業になってし...
PAGE TOP