小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人(以下「小規模事業者等」という。)が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、小規模事業者等が取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的とします。

・本補助金事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組や、あわせて行う業務効率化の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。

助成金を活用した、集客に困らない売上UPの為の【オンライン自動集客システム】を実質無料で構築いたします。
多数ある小規模事業者持続化助成金は上限50万円で、申請は、年に4回で一度受給が決まると同年度に再申請できませんが、翌年度は申請可能です。

小規模事業者の定義

業    種 人    数
商業・サービス業(宿泊・娯楽業除く) 常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下

◆対象となる事業
策定した「経営計画」に基づき、商工会議所の支援を受けながら実施する、地道な販路開拓等(生産性向上)のための取組であること。

あるいは、販路開拓等の取組とあわせて行う業務効率化(生産性向上)のための取組であること。
《補助対象となり得る取組事例》
(1)地道な販路開拓等(生産性向上)の取組について
・新商品を陳列するための棚の購入 ・・・ 【①機械装置等費】
・新たな販促用チラシの作成、送付 ・・・ 【②広報費】
・新たな販促用PR(マスコミ媒体での広告、ウェブサイトでの広告) ・・・ 【②広報費】
・新たな販促品の調達、配布 ・・・ 【②広報費】
・ネット販売システムの構築 ・・・ 【②広報費】
・国内外の展示会、見本市への出展、商談会への参加 ・・・ 【③展示会出展費】
・新商品の開発 ・・・ 【⑤開発費】
・新商品の開発にあたって必要な図書の購入 ・・・ 【⑥資料購入費】
・新たな販促用チラシのポスティング ・・・ 【⑦雑役務費】等
・国内外での商品PRイベント会場借上 ・・・ 【⑧借料】
・ブランディングの専門家から新商品開発に向けた指導、助言 ・・・ 【⑨専門家謝金】
・新商品開発に伴う成分分析の依頼 ・・・ 【⑫委託費】
・店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む。) ・・・ 【⑬外注費】

※「不動産の購入・取得」に該当するものは不可。
・新商品開発に伴う成分分析の依頼 ・・・ 【⑫委託費】

補助金を活用は初年度だけではなく、継続で申請出来て、採択されれば毎年支給されるので、広告費も助成金の適用になっております。

小規模事業者持続化補助金の申請は、年に4回で一度受給が決まると同年度に再申請できませんが、翌年度は申請可能です。

 

LINEについて

LINEは日本全国で使われている「コミュニケーション」アプリです。スマートフォンでLINEアプリをダウンロードして、アプリ上で友達や家族と繋がることで、
無料通話やチャットの機能が使えます。様々なスタンプをダウンロードしたり購入することができ、スタンプを送り合うことで、簡単にコミュニケーションが取れるというのもLINEの特徴です。

2020年のLINEの国内月間利用者数は、日本国内で8400万人(*)となっており、日本の人口の約70%の方が利用しています。

ビジネス用のLINE公式アカウントは、店舗や企業のLINEアカウントで、セールや新商品の情報を配信したり、イベントの告知に使うことができます。

LINE公式のアカウントから友だちにメッセージを配信すると、友だちに通知が届き、すぐに気づいてもらうことができます。

メールの場合は迷惑メールと判断されると、メールボックスに埋もれてしまうこともある。また、迷惑メールとして配信されない事も多いですが、LINE公式アカウントであれば、ブロックされていない限り100%友だちにメッセージを届けることができます。

メールより配信の確率が高く、見てもらえる割合がメールより高く、開封率は60%を超えています。
そしてLINE独自のスタンプやクーポン、リッチメニュー、アンケート機能などを利用する事で、友だちを集客、教育、販売
販売が出来るツールを活用する事で、売上を上げて行く事が可能です。

 

ダイレクト・レスポンス・マーケティング

ダイレクト・レスポンス・マーケティングとは、友だちになった興味を示してくれた買手に自社商品やサービスを説明・教育を提案して
お客様が、自社商品やサービスを使う事で、お客様の悩みを解消する事が出来る事を提案して、購入をして貰う販売方法です。

LINEのステップLINEが出来るシステムを使う事で、お客様と1:1の個別で悩みを解消するチャットで購入意識を高める事が出来ます。
一斉配信や、予約配信をする事で、友だちになっているお客様に購入を依頼する事が出来るシステムを活用して、売上をアップさせるのです。

自社の商品やサービスを活用する事で、お客様のベネフィットを伝える事を何回も提案する事が可能になります。

リッチメニューで新商品紹介、自社のHPに連動させる、割引クーポンのお知らせなど、買い手に興味をつける情報を発信する事で
お客様とのコミュニケーションも確立できるのです。

低価格でLINE広告の友達追加広告で、自社の商品やサービスの宣伝を行い、友だちを増やす事が、自社の顧客リストを増加させる事が
できます。

LINE公式は、毎月1000通迄は無料で送信できます。
250名の友だちリストが出来た時は、毎月4回のメールを発信しても無料です。

友だち増加や配信数を増加すると費用が発生します。
15,000通で5,000円、45,000通で15,000円の費用が発生します。
SNShannbai 助成金を活用した集客に困らないオンライン集客システム構築

お客様にステップLINEでメール発信するツール
毎月10,700円が毎月かかります


SNShannbai 助成金を活用した集客に困らないオンライン集客システム構築

上記のツール活用で、ダイレクト・レスポンス・マーケティングを実施していく事が
集客が自動化していくことが出来ます。

集客は、LINE広告の友だち追加広告で集客して、クリックしてくれた友だちに、商品の説明。教育の動画や文章を作って置き
システム運用で自動発信していきます。