【M&Aコンサルティング】

M&Aとは
M&A(エムアンドエー)は英語のMergers(合併)and Acquisitions(買収)の略です。つまり、M&Aとは、
複数の企業を一つの企業に統合したり(合併)、ある企業が他の企業の株式や事業を買い取ったりする事(買収)をいいます。

一般的に、M&Aは、「企業や事業の経営権を移転させる事」をいい、会社合併や株式譲渡(譲受)、事業譲渡(譲受)等の手法が多く行われているのが現状です。

また、従来M&Aとは、大企業や上場会社が行う会社売買と考えられていますが、当社が行っているスモールM&Aは、譲渡金額が5億円以下の譲渡金額から、個人事業主様の税理士事務所、不動産業、飲食店など事業承継などまでを行っております。

戦力としてのM&Aは会社譲渡、事業譲渡で、同業事業所を譲受しており、異業種に進出する為に、他業種事業所を譲受して、事業拡大を目指す会社がありす。

拡大企業は、M&Aを行うことで、同業者であれば技術向上、集客UP、などの拡大効果が短期間で効果を得れることから行われています
事業承継などは、後継者不在、などが理由で会社譲渡を行っていいます。売上減少の理由から事業譲渡で株式譲渡を行う、債務超過で債務処理を行い、事業譲渡を行っている会社もございます
創業者は、現金等で資金を回収でき、従業員の雇用を確保することが出来ています


【介護事業M&A】

譲渡を検討されている経営者様

介護事業を始めたけど、債務が多くなり、キャッシュフローが厳しい情況で閉鎖を考えている経営者様の事業譲渡及びM&Aをアドバイザリー契約を締結して協力させていただきます。

有料老人ホームからグループホームなどの施設介護・デイサービス・訪問看護などの在宅介護サービスまでどのような介護事業の事業譲渡でも、会社再生等で借金返済等でお悩みの経営者様はご相談ください。
商談締結、債務処理など、弊社顧問弁護士と早期解決のお手伝いを致します

 

譲受を検討されている経営者様

日本の高齢者の人口が増加する現状では、介護ビジネスは需要拡大が見込まれている成長分野であり多方面から注目を集めています。
弊社では医療・介護業界に特化したM&Aのご支援を行います

介護事業に新規参入されたい経営者様に、優良の介護事業所の譲受をM&A仲介させていただきます。
弊社では、顧問弁護士、顧問税理士と協力を行い債務内容、事業計画、収支計画を把握した譲渡希望の事業所様をM&A仲介させて頂いております

後継者問題、事業拡大、事業の選択と集中、事業再構築など、中堅・中小企業において会社譲渡・譲受を検討する企業が増加しております。弊社コンサルティングネットワーク内の各専門家(弁護士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、司法書士、弁護士など)と案件ごとに専門家と構成し、ご相談から案件化、成約に至るまでの全てのM&Aプロセスにおいて、専門家と一体になったコンサルティングを提案しております

介護事業業者様が資金繰りが悪化して、経営が苦しい会社はM&Aで売却してしまい、会社を破産させて、自己破産をしてしまう経営者も居るのですが、債務返済が苦しい時にも事業再生出来る手法があるのですが、経営者が知らないだけで損をしてしまいます。
弁護士に債務整理やM&Aを相談すると破産を勧めてくれますが、自己破産は債務を無くすことが出来ますが、事業も無くしてチャンスも潰してしまうだけなのです。

第2会社方式で資金繰り悪化、経営悪化から事業を助け、従業員を助け、家族を助ける事で、一部だけをM&Aで他社に売却して、第2会社方式方式を活用して債務を消滅させる事も出来るのです。

初回無料の個別相談はこちらから

M&Aの流れ
img_ma_01-1-300x238 M&A