社長の家族を守る為の
事業救済アドバイザー
寒河江 清(さがえきよし)

 

2001年に介護事業会社を設立

しかし、事業拡大を優先して資金繰り悪化で

6億5千万円の負債で2014年に破産申立
て申請、2017年に裁判所より免責許可

 

自己破産を行うよりも、第二会社方式で事業

再生を行った方が事業等での再起する事に関

してはチャンスが多くなる事を経験し、法律

とルールを学び経験や実績があるから、消滅

時効や裁判、民事執行法を活用して資金繰り

悪化の中小企業の借金を消滅させて事業再生

が出来ると確信している。

 

法律とルールを知っていれば時間が解決し

て、立直った経営者を多数見てきて知らな

いと損をする事も経験済みである。

 

セミナーや個別相談で数十社の資金繰り悪化

中小企業の社長から高い評価を得ている。

 

【コンサルを行う理由】
事業を失う事は、収入が減って行くことで
辛い思いをするのは社長の家族です。

 

破産で、家を取られて、生活が苦しくなり
学費が払えない、食費が少ない、住む家が
汚い、服が買えない状況に追い込まれた

家族は、何にもしていないのです。

 

社長の思考の影響で追い込まれてしまいます。

社長の考え方、常識を変えることで大切な
家族を守ることが出来るのです。

 

辛い思いをさせる前に家族を守る事が出来る

事業再生で行動を行う事が一番重要と思って

います。

723b701d2c8c1cd62ee192931b996e79-768x1024 プロフィール