リスケをしている中小企業の事業再生

リスケを銀行に依頼するのをやめる時が必要です。

・銀行に対して借金を先延ばししてもらっている
・返済金を減額して貰ったから
・早く普通に返済できるようにします。、

こんな考えで銀行に対して恩義を感じていませんか?

中小企業の中で70%が赤字と言われている現状で、無理して返済を優先するより、自社の事業再生を優先することが必要になってきます。
売上や資金繰りが改善されてくると、通常の返済が可能となるると考えてしまいます。

返済する事も必要ですが、宣伝広告費や人件費に投資した方が事業の成長に繋がってくるのですが、銀行への恩義を感じているから
早く通常通りに返済できることを目標にしてしまいます。

リスケを依頼するのにも銀行は手数料を徴収してきますし、契約の更新をする時も更新料を要求してきます。
基本的には、新規融資はしてもらえないのが現状です。

リスケを依頼することは資金繰りが悪化して、返済が厳しい状況になっているから銀行に依頼をするのですが
ほとんどの会社はリスケを銀行に依頼しても、再生出来ている会社は僅かな会社しか該当しないのが現状です。

事業再生で最初に行う事は、支出を抑えて利益を確保する事が優先されます。
銀行と交渉しても、社長の会社の利益より、銀行の回収を優先するので、事業改善計画書等の書類を要求してきます。

事業改善計画書を提出しても、机上の空論でしかなく、改善するには改善するための費用が必要になってきます。
その費用をどの様に調達するのかが重要になってきます。

リスケは一時的な対策でしかなく、改善の為の費用を融資してくれる訳でもないのです。
返済を止めれば、銀行との取引を自ら拒絶することにしなくては改善できない中小企業が多いのです。

リスケを依頼しながら、銀行の利益の為の金利分だけを支払うより、その費用を改善の為の費用に充当する事が
必要になってきます。

リスケを行って、現在の資金繰りが悪化している現状を解決事を優先しないと
事業を守る事は出来なくなりますし、事業を継続するためにはやる気のある社員を確保しておく事が優先されます。、

事業再生の優先順位

1、支出を抑える
2、社員のやる気
3、利益を増やす

私たちのクライアントでは、現状の債務を見直すことから始めます。
銀行の融資の中でも、中小企業の場合は保証協会付きの融資が中心になっていて
銀行のプロパー融資の方が少ないのが現状です。

銀行は最初から損をしないように保証協会付きのの融資を勧めてきます。
いわゆるマルホと言われている融資です。

マルホ(保証協会付き融資)は銀行審査と保証協会の診査を経由して融資を行いますが
融資額から保証協会の高額な保証料と銀行の手数料を差し引いて金額を振り込んできます。

保証協会はあなたの会社を保証する事ではなく、銀行返済を保証する為の保証であり
銀行は窓口として行動するだけで、支払いが滞納したら保証協会に請求することで
貸し付けた融資額は守られているのです。

リスケをして、銀行の利益を守る為に、中小企業が再生できないのでは、リスケを続けていても
事業再生に繋がらないのです。

リスケをやめる事は返済を止めることも事業再生を行うために必要な行動です。

銀行に事前に相談しても銀行の利益を確保する事を優先するのは当たり前でありますが、あなたの
会社の事業再生を優先するのであれば、返済を止めることを決めて行動する事が重要になってきます。

銀行に信頼を得るために、決算書を細工して、利益を生み出す決算書を作っている会社であれば
早急に決断する事が必要です。

3か月、6か月の返済額が内部留保として宣伝広告費、人件費、売掛金に充当する事を優先するべきなのです。

リスケを止めたらどうなるか

事業再生を成功させるには赤字部門を無くすことです。
費用対効果を見直すことで、売上高ではなく利益率を高くする事を改善するのです。
支出(仕入原価、販管費等)を抑えて販売数を伸ばす事を考えて優先的に行っていき
借金の返済は時間とともに解決する事が出来るのです。

銀行は返済が3か月遅れると、ほとんどの銀行は銀行口座を凍結してきます。
会社だけではなく、社長個人の銀行口座も凍結してきます。
※取引銀行にある口座ののみ

3か月-6か月程度で返済を止めると、銀行は保証協会に弁済を依頼してきます。
保証協会が代位弁済として残債の金額を支払います。

6か月後位から保証協会債権回収から連絡が来て一括返済を求めてきます。
毎月の返済額が支払えない現状で、一括で返済できる訳がないので、保証協会と交渉になります。
※保証協会は公金を活用しているので基本的には債権を放棄しません。

代位弁済の求償権を保証協会から連絡が来たら銀行は一切関係が無くなります。
但し、個人信用情報機関には連絡が行きますので、この時点で他の銀行からの借り入れはできなくなります。

銀行プロパー融資は不良債権となり、債権譲渡で債権回収の会社に売却されます。
この時点で、銀行は損金扱いで処理ができるのでリスケが終了します。、

残債の処理について

保証協会債権回収株式会社は保証協会の関連会社で、回収業務がメインになってきます。
債権は保証協会が保有しています。
交渉は保証協会債権回収会社になりますが、現在の会社の整理の仕方で変わってきます。

現在の会社を特別清算や破産で会社を清算すれば、残債は連帯保証人に請求が来ます。
会社が清算していなくても連帯保証人には請求が来ます。

利益を生み出す部門から利益が出ていれば、債権者はその利益を抑える為に裁判所に提訴してきます。

利益を生み出す部門処理は事前に事業譲渡で赤字部門と分離していれば
差し押さえることはできないので、銀行返済を止める前に対応しておくことが重要になってきます。

第二会社に事業譲渡を行う事が事業再生であり、リスケを終わらせることが出来るのです。

銀行プロパー融資が債権譲渡でサービサー(債権回収会社)に売却されていれば、残債額の満額で売却はされていません。
しかし、請求が残債満額で請求してきます。

返済額についてもサービサ(債権回収会社)が減額して交渉になりますが、交渉を簡単にサービサーの言い値で解決することは
お勧めできません。

債権譲渡で、サービサーが不利な価格で買取る事は絶対にしないしませんので、利益率が高い債権だから購入しているのです

事業再生でもっと利益を生み出したい。
事業を継続したい
事業のことで解決、改善したいと思っている方は、いつでも当社にご相談ください。